フランチャイズは儲からない?成功例と失敗例【儲かる1つのポイント】

独立開業ををしようと思い、失敗はしたくないのでさらに色々調べているとフランチャイズに加盟して独立企業をするという方法を知ります。そこで更に詳しく調べていくと「フランチャイズは儲からない・失敗する」とフランチャイズに加盟をしてうまくいかなかった方やフランチャイズを経営したことがない方が、イメージだけで書いてある口コミ。

 

では、本当にフランチャイズは儲からないのでしょうか?
儲からないなら加盟するのは辞めておこう。儲かるならフランチャイズに加盟をしたいですよね。


実際に私がフランチャイズ本部で「これから加盟される方や辞められていく方」「成功している人と失敗している人」を見てきた経験から失敗例と成功例をお伝えいたします。
答えは自分にあったフランチャイズをしっかりと選択すれば間違いなく儲かるです。
そして、フランチャイズに加盟をして独立開業をしたほうが、せずにご自身で独立開業をする場合より、成功率は高くなるというデータがあります。

 

この記事では、フランチャイズが儲からないと言われる理由とフランチャイズで儲かっている成功する為の成功例と失敗例、自分にあったフランチャイズの選び方ををご紹介いたします。最後までお読みいただき、フランチャイズでの独立を成功させてください。

mugi
この記事を読めばこちらの内容がわかります!
・フランチャイズが儲からないと言われる理由
・フランチャイズの失敗例
・フランチャイズの成功例
・成功するフランチャイズの選び方

フランチャイズを探したい方は「【FC本部が教える】オススメのフランチャイズ比較サイト5選【2022年版】」を参考にフランチャイズ比較サイトに登録をしておきましょう。登録をすれば無料でフランチャイズ本部の情報や資料請求が見れますので、フランチャイズ選びが捗ります。

【FC本部が教える】オススメのフランチャイズ比較サイト5選【2022年版】

これから会社を辞めて独立をお考えの方は「【脱サラ】仕事・会社を辞めて独立したい!【意識と準備が大切】」を読んで独立開業前に考え方を身につけ準備を開始しましょう。

【脱サラ】仕事・会社を辞めて独立したい!【意識と準備が大切】


フランチャイズは儲からない・失敗すると言われる5つの理由

電卓を持って困っている女の子

何故フランチャイズは儲からない・失敗すると言われるのでしょうか。
理由は5つあります。儲からないと言われる理由が分からないと、成功する理由も分かりません。
まずはフランチャイズで儲からない・失敗すると言われる理由を見ていきましょう。

理由①初期費用がかかり場合によっては借金をする必要がある

独立開業をするということはほとんどの場合初期費用がかかります。飲食店や小売店など店舗を構える業種であれば内装費や改修費、機材などで1000万以上の金額がかかることも珍しくありません。
その場合、ほとんどの方は銀行などから借金をして初期費用を準備します。事業が波にのり成功すれば借金も返済できますが、失敗してしまった場合は廃業をしても借金だけが残ります。

 

これはフランチャイズに限らず独立開業をする場合、誰もが抱えるリスクです。
口コミなどで「フランチャイズに加盟をしたから借金を抱えた」など見かけますが、それは的外れな口コミです。独立開業をする以上はリスクを把握しておきましょう。

理由②ロイヤリティがかかる

フランチャイズに加盟すると経営モデルや商材、サービスなどが提供してもらえます。代わりに、毎月ロイヤリティをフランチャイズ本部に支払う必要があります。
フランチャイズ本部によって金額や形態は様々で「売上の○%」や「毎月固定で○万円」など売上からお金を本部に支払わなければいけません。
自分で事業を0から立ち上げてフランチャイズに加盟をしなかった場合は、支払わなくてもいいお金なので利益が減ってしまうフランチャイズは儲からないイメージが出来ています。

理由③フランチャイズ本部のルールに従う必要がある

本部の名前と看板を使って事業を行う為、本部のルールに従って運営をしていく必要があります。
ルールを設けず好き勝手に運営をされると本部の看板に傷がついてしまう可能性があるからです。
その業種のプロであるフランチャイズ本部が考えた経営モデルですので、0から事業を作り上げるより経営は安定しており成功率は高くなります。

 

ただ、誰でも出来るようにマニュアル化された経営モデルですので大儲けは難しいです。
ルールが厳しいフランチャイズ本部だと、面白い経営のアイデアを思いついても実行ができません。その為、本部の想定以上の利益を上げるのは難しくなってしまいます。

 

反対にルールが厳しくないフランチャイズだと独自のアイデアを試すことも出来ます。比較的ルールが厳しくない・ゆるいフランチャイズもたくさんあります。
自分のアイデアを試したいとお考えの方は、ルールが厳しくないフランチャイズを選ぶ事が大切です。

理由④途中で解約すると違約金が発生する

フランチャイズ本部と加盟時に契約期間は5年や10年などの契約を結びます。
フランチャイズの契約を辞めて違うビジネスをしたいと考えてもすぐには辞められません。途中で解約をする場合、違約金が発生するからです。

 

フランチャイズ本部もノウハウや商材、サービス、システム開発と維持など多くの経費をかけているので、途中で辞められてしまうと事業として成り立っていかなくなります。違約金もフランチャイズに加盟せずに事業を始めた場合は、発生しないお金になるので無駄にお金が取られて儲からないというイメージが出来ています。

理由⑤フランチャイズ加盟者が儲かる儲からないに関係なく本部は儲かる

加盟をすると、フランチャイズ本部が儲かるように仕組みができています。慈善事業でなくビジネスですので、フランチャイズ本部もお金にならないことはしません。
先述したように毎月のロイヤリティや契約途中で解約する場合は違約金が発生するなど、フランチャイズ本部が赤字にならず黒字になるように計算されています。
加盟者が成功・失敗関係なくフランチャイズ本部が儲かるのは、気にいらない方もおりフランチャイズに対して悪い印象を持っている方もいます。

フランチャイズで儲からない3つの失敗例

悩むビジネスウーマン

それではフランチャイズで失敗する・儲からない人はどのような方なのでしょうか。
失敗例を知っておけば、それ当てはまらないよう行動することができるので、成功率が上がります。
3つの失敗例をみていきましょう。

失敗例①簡単に儲かると思ってフランチャイズに加盟した

フランチャイズ本部は加盟者が増えるほど儲かりますので、当然加盟者を増やしたいと考えています。
その結果、中には悪質なフランチャイズ本部がいるのも事実です。悲しいことに「誰でも成功する」「簡単に〇〇円稼げる」などありえない話をする所もあります。

 

ビジネスですので誰でも簡単にお金を稼げるわけがありませんもし、仮にそんな誰でも簡単にお金が稼げる事業があったなら誰にも教えないです。
誰かに伝えるとあっという間に同じ事業をされる方が増えて市場は崩壊します。比較的簡単に稼げるビジネスはありますが加盟されるご自身の能力があってこそです。
「誰でも成功する」「簡単に〇〇円稼げる」といったうまい話があるわけありません。

 

「自分にも出来る」「自分にとっては簡単」と「誰でも簡単」は似ているようで大きく違います
簡単に儲かると思って甘い気持ちでフランチャイズに加盟をすると失敗してしまいます。

 

もし、「簡単そうだからこれにしよう」と考えているのであれば、今一度自分に本当にできるのか考えてみてください。
大切なのは「自分に向いているから簡単に感じて儲かる仕事」はあれど「誰でも簡単に儲かる仕事」はないと考えることです。

失敗例②ビジネスモデルを理解しないままフランチャイズに加盟した

ビジネスモデルが分からないままフランチャイズを始めると失敗します。
自分がどんなビジネスで独立開業をしようとしているのかしっかりと理解をしておきましょう。

 

考えるポイント
・老若男女どの層がメインのターゲット層なのか?
・どうやって集客してどのように営業をするのか?
・市場は今どうなっていって将来性のある市場なのか?
・自分が現場に入って仕事をするのか?それとも従業員のマネジメントが仕事なのか?
・誰からお金をもらい何故その仕事をすればお金を稼げるのか。
・開業資金はいくら必要でどのくらいの期間で回収ができる見込みなのか?

ビジネスモデルがよく分からないまま加盟するのではなく、必ず気になることや分からないことは加盟前にフランチャイズ本部に質問・相談をして解決をしておきましょう。
徹底的に考え、本部に質問をしても、自分には理解ができない・よく分からないビジネスモデルだと感じた時は加盟早めておいたほうが無難です。
厳しい言い方かもしれませんが、それはご自身には向いていない、もしくは能力がその事業をするのに能力が足りていない仕事ですので失敗をする可能性が高いです。

失敗例③フランチャイズ本部に依存している

フランチャイズに加盟をすることで本部から運営のノウハウをサポートしてもらえます。その業種を専門でやっていて今までの本部の経験や他の加盟者さんの傾向などから、事業に役立つことをアドバイスがもらえるでしょう。

 

ただ、大事なのはそのアドバイスを行動に移すのはのはご自身ということです。いいアドバイスでも実行しなければ成果は上がりません。
実行をしてもアドバイスの本質がわかっていないと成果は出ないでしょう。時にご自身の性格やスキルにあっていないアドバイスをされることもあるかもしれません。
その時は自分で考えて実行をしない選択しなければなりません。

 

どれだけフランチャイズ本部から運営のノウハウやサポートや受けようが、自分で考えて行動する事ができなければ失敗に終わるでしょう。
本部に依存することなく、運営を行っていかなければなりません。あくまで本部のサポートは一つの経営アイデアであり、それを精査して実行するのは自分と考えておきましょう。

フランチャイズで儲かる3つの成功例

軽快に走るビジネスマン

それではフランチャイズに加盟して儲かっている方はどのような人なのでしょうか。3つの成功例からみていきましょう。
フランチャイズで成功したい・稼いでいきたいとお考えの方は成功例を参考にして行動をしてみてください。成功率が高くなります。

成功例①ノウハウやスキルを学びたいと思える向上心がある

フランチャイズに加盟をすることで本部から経営モデルや商材、スキルを提供してもらえます。なので、興味がある自分がやったことがない未経験の業種でも独立開業をして経営を行っていくことができます。


例えばハウスクリーニングの仕事をやってみたいなと思い、フランチャイズに加盟すれば清掃のやり方から必要な機材、集客の仕方や営業のやり方など研修を受けることで身につきます。そして、事業を行う中で「エアコンの清掃方法が分からない」などがあれば、フランチャイズ本部からアドバイスやサポートをもらいノウハウを学びながら経営していくことが出来るのです。

 

このように自分がやったことないが、「やってみたい仕事」や「興味のある仕事」であれば働くことが楽しく成功する可能性が高くなります。もっとノウハウを知りたい・スキルを身に着けたいと向上心をもって事業に取り組めるからです。
儲かることだけ考えて興味のない事を仕事にすると働くことが苦になってしまい新しいノウハウを覚える気になりません。当然成果は出なくなっていくでしょう。
フランチャイズに加盟する利点である「未経験の業種でもノウハウを学びながら経営ができる」を活かして自分の好きなもの、興味のあるものを初められた方は成功されている方が多いです。

成功例②フランチャイズ本部の収益モデルにそった運営をしている

フランチャイズに加盟をすることで経営モデルや事業の運営方法を教えてもらえます。マニュアル化されたものですのでマニュアルに沿った経営を行えば失敗する可能性は低くなります。

もちろん、ビジネスですので必ず成功するわけではありません。それでも他の加盟者さんがうまくいっている方法ですのでご自身も同様に行えばうまくいく可能性があります。
ご自身がその業界に詳しいわけではない限り、いきなり自分で独自の方法を試そうとするのではなく、ある程度軌道に乗るまではフランチャイズ本部の経営モデルに沿った運営を行ったほうが成功率が高まります。
独立をしたので自分色を出していきたいと思わるかもしれませんが、初めは我慢をして事業が伸びていってから色々と試してみるのがいいのではないでしょうか。

成功例③事業を行うのは自分だと理解し覚悟をしている

どれだけ優れた経営モデルでも事業を行うのはご自身です。フランチャイズ加盟はお金を稼ぐ為の道具やアイデア、商材を買っていると考えましょう。
つまり独立開業の強力な武器を持つことができます。

 

それを活用して成功するか失敗するかは自分次第です。売上が悪いからといっても本部はお金を貸してくれたりお客さんを融通してくれるわけではありません。
ご自身が事業主・経営者となって事業を回していかないとなりません。能力が足りていなければ本部がいい商材を提供しても販売できません。
覚悟が足りていなければ言い訳を付けてサボってばかりで成果は出ないでしょう。独立をするということはサラリーマンと違い誰も助けてくれなければ注意もしてくれません。行動に移す、移さないを決めるのはご自身です。独立をする際は覚悟して取り組みましょう。

【儲かるポイント】自分にあったフランチャイズを選択する

成功のリングノート

フランチャイズに加盟して成功するたった1つのポイントは自分にあったフランチャイズを選ぶことです。合わないフランチャイズを選んでしまうと失敗する可能性が高くなります。自分にあったフランチャイズを選ぶことで成功率は高くなります。

 

3つの角度から自分にあっているかどうか判断をして選択いたしましょう!成功して儲かるフランチャイズは人それぞれ違います。
儲かるフランチャイズを探すのではなく、自分にあったフランチャイズを探してください
自分にあったフランチャイズをしっかりと選択すれば結果として成功して儲かると私は思います。

今までの経験や自分の得意・不得意からフランチャイズを決める

フランチャイズは業種から仕事の仕方まで様々です。ご自身がプレイヤーとして現場に行く事業もパターンもあれば従業員を雇ってマネジメントしながら事業を動かすパターンもあります。今までのご自身がどのような業種でどんな仕事をしていたのか、それに近い業種や仕事の仕方のフランチャイズほど経験やスキル、人脈を生かした仕事ができますので成功して儲かる可能性は高くなります

 

反対に真反対の仕事をしてしまうと、全て1から覚えていかないといけないのでかなり大変です。必ず失敗するわけではありませんが、失敗してしまう可能性は高くなってしまいます。
フランチャイズに加盟すれば研修でスキルやノウハウを教えてもらえますが、1回で全て完璧になるわけではありません。経験がありすぐに覚えられる方や初めてのことで戸惑う方、初めてだけどすぐに習得する方など様々です。
自分の経験や得意そうな仕事を選ぶことがフランチャイズで成功するための大事なポイントです。

儲かるを探すより興味がある・好きを探す

自分の興味がある・好きな物・経験があるフランチャイズを探しましょう。儲かるフランチャイズとは、自分の経験を活かせるフランチャイズです。
広告宣伝で月収○○円の高額収入のフランチャイズ募集があれば魅力的に感じますが、それはご自身でも達成できる数字とは限りません。
興味が無いものであれば、いくら研修を受けても頭に入ってきません。経験がないものであれば、はじめに覚えることがたくさんあり大変でしょう。

 

もちろん、未経験でも興味がなくても自分次第で成功することは可能です。そういった方もたくさんいらっしゃいます。
ただ、自分の得意不得意や好き嫌いで選んだほうが成功率は高くなります。そして興味が無いものですと仕事をするのが嫌になってしまい長続きしない可能性もあります。
独立をして個人事業主でやっていくということは、場合によっては夜中にトラブルが発生して現場に行かないといけないなど、体に無茶をしないといけない時もあるかもしれません。
そんな時でも頑張って取り組もうと思える業種の方が、結果としてお金になります。
儲かるで探そうとせず、自分の興味のある・好きなものを扱っているフランチャイズを探してみてください。それが結果として成功に繋がります。

フランチャイズを比較する

同じ業種のフランチャイズでも、本部はたくさんあります。一言でハウスクリーニングと言っても、関連のものも含めて執筆現在アントレでは24件募集されていました。
当然、本部ごとに研修内容や契約内容、サポート内容は違います。
どこが自分にあっているのかフランチャイズを比較してください。

 

比較をする際に便利なものがフランチャイズ比較サイトです。
こちらの【FC本部が教える】オススメのフランチャイズ比較サイト5選【2022年版】でフランチャイズの比較サイトを紹介してありますので登録をして資料請求をしてみてください。
簡単に無料で登録ができて様々なフランチャイズの資料などが手に入りますので、フランチャイズを比較する際にかなり役立つサイトです。

【FC本部が教える】オススメのフランチャイズ比較サイト5選【2022年版】

まとめ

赤鉛筆ポイント

フランチャイズに加盟する・しない関係なく、独立開業は場合によっては借金を抱えたまま廃業をするリスクがあります。
もちろん誰も失敗したくありません。成功したいです。この記事を読んでここまで読んで頂いた方にはぜひ成功していただきたいと考えています。
その為に失敗例と成功例を知り、フランチャイズは自分にあったものを選ぶことで成功する確率が高くなります。
百人中百人全員が儲かるビジネスなどありえません。ご自身の経験やスキル、興味のあるものといった自分にあったフランチャイズを選んでください。

 

そして、必ずフランチャイズ本部を比較しましょう。同じ業種でも本部によって内容は大きく異なります。初期費用やロイヤリティ、そして研修内容やサポート内容、経営モデルなど千差万別です。
フランチャイズ比較サイトには自分にあったフランチャイズがそこにあります。
登録をして資料を取り寄せたり、説明会に参加しながら自分にあったフランチャイズを見つけてみてください。
それが成功への第一歩です。

【FC本部が教える】オススメのフランチャイズ比較サイト5選【2022年版】


独立・開業支援サイト

当サイトでは独立をしたい方や開業された方に情報を発信をしています。フランチャイズ本部の経験から成功の秘訣や失敗の要因、独立準備などなど独立・開業に関する情報をお伝えします。

CTR IMG